<休診のお知らせ>
4月19日(日)腰痛の学習会参加のため
4月29日(水)腰痛の学習会参加のため

当院の理念

画像の説明常に向上心を持って精進努力し,一人でも多くの「困っている方」の役に立つ事

はじめまして、院長の島田幸治(詳しいプロフィール)です。 先代院長(父)から院を引き継いで今年で5年になります。当院は開業してから37年の間、鍼灸・経絡・エネルギー療法を通じて「気」の研究をしてきました。その結果、たどり着いた療法が「重力バランス軸調整療法」です。症状の原因が「気」の問題だけでしたら、その場で簡単に結果を出すことが出来ます。しかし、気の流れが正常になっても残る症状や、怪我や手術の後遺症・薬害によって起こった症状は整体による肉体の調整が必要になります。
 当院では次の5つを重要視して総合的にアプローチします。
①立位の軸(脳反射検査/重力バランス軸調整療法/鍼灸)
②気の流れ(脳反射検査/重力バランス軸調整療法/鍼灸)
③筋肉の緊張度(各種整体法/鍼灸)
④ストレス耐性(カウンセリング)
⑤栄養(オリゴスキャン/栄養療法)

当院の得意な症状

慢性痛:腰・首・膝・股関節・足首・肘・肩・手首・スポーツ障害・事故・手術の後遺症など

自律神経:原因不明な様々な症状

慢性痛(深部痛)の本当の原因

答え:血行不良
「筋肉が緊張して血行不良が起こると痛みが発生する。この痛みは血行が回復するまで続く」
生理学以下生理学
医学部で使う「標準生理学」「医科生理学展望」という教科書に書かれています。

ですから筋肉を緩めて血行が回復すると、長年の痛みも無くなるのです

診断名(ヘルニア・脊柱管・変形性など)は,あなたの慢性痛とは関係ありません。

慢性的な痛みを感じる神経は筋肉、靭帯、腱、骨膜などに存在しますが、軟骨や骨には存在しません。したがって、膝の軟骨がすり減って膝が痛くなることはありません。

また、ヘルニアや脊柱管で腰の神経を圧迫しても痛みは起こりません。起こるのは麻痺と排尿障害です。滋賀医科大学名誉教授の横田先生が書かれた「臨床医のための痛みのメカニズム」という医学書に「神経根痛は、神経根圧迫だけでは症状は出ない」「脊髄神経根をバルーンカテーテルを使って圧迫すると、知覚障害と感覚鈍麻が誘発されるが、痛みは誘発されない」と書いています。

では、なぜ痛みが起こるのか?
答え:筋肉の緊張による血行不良です。

筋肉を緩める療法

※脳反射検査・筋肉反射検査(キネシオロジーの進化版)で検査して[重力バラン軸調整療法]を行います。

※鍼灸には伝統医学的な診断方法があります
望診(ぼうしん)聞診(ぶんしん)問診(もんしん)切診(せっしん)と呼ばれる五感を駆使した方法で心身の状態を把握します。この4つを合わせて四診(ししん)と呼びます。この感覚を研ぎ澄ませ微妙な身体の変化・反応を感じ取れるようになると「筋肉反射検査」が出来るようになります。さらに訓練を重ねると「脳反射検査」が出来るようになります。これは、知りたい情報をインプットすると、その質問に対して「YesかNo」が瞬間に分かる検査法です。この画期的な検査法で、施術ポイントを見つけ出すことが出来るのです。

分子整合栄養療法

OligoScan(オリゴスキャン):ミネラル有害金属測定解析システムで「ミネラルバランス」「有害重金属」を測定します。測定結果を元に分子整合栄養療法の考え方を基礎にした食事アドバイスを行います。

身体の変化
当院での施術を続け、身体の症状が無くなるのは最終目標ではありません。私が考える目標は、免疫力を向上させ病気を予防し再発しない身体です。そのためには、①体温36.5度以上 ②胃腸の働き(栄養の消化吸収能力・お通じ) ③白血球(リンパ球・好中球の割合)で客観的に判断することが出来ます。まずは体温36.5度以上を目指しましょう‼ 


施術<整体・鍼灸> 45分前後
対象:①気 ②骨格 ③筋肉

ぎっくり腰など急性の痛み・慢性の痛み、シビレ・アレルギーや自律神経失調症など、肉体的な症状が対象です。

※整体・鍼灸施術の目的は「身体の軸」を整え「気」を正常に循環させて筋肉を緩めることです。症状により鍼灸による経絡調整が適していると判断した場合は鍼灸施術を優先します。施術後は重力バランス軸の調整法をお伝えしますので、ご自宅でセルフケアを行ってください。

※院長の鍼施術は足首周辺にある「三陰交」と腰部にある「腎臓・副腎」を中心としたツボへの治療で全身を調整します。スカートではなくゆったりとしたズボンでお越しください、洋服を脱ぐ必要はありません。

不登校施術<オリゴスキャン検査+カウンセリング+整体>45分前後
対象:①気 ②骨格 ③筋肉 ④精神 ⑤栄養

西洋医学的に検査・治療したが改善しない起立性調整障害・過敏性腸症候群・眠気などは、胃腸の働き・栄養バランス・筋骨格バランスの調整が必要です。※「学校の問題(友人関係・先生との関係等)で行きたくない」と言っているお子さんは対象外です。学校に行きたいが、体調不良で行けないお子さんが対象です。

オリゴスキャン測定+考察
対象:⑤栄養

栄養療法を基礎にした食事アドバイス
自宅で出来る「胃酸チェック」「唾液チェック」などを行い、一人一人に合わせた適切なミネラル・ビタミン・栄養素・食事方法をアドバイスいたします。
※当院ではサプリメントなどの販売は行っておりません。

今日の症例報告 2020年3月27日

<中学生・男子>
<主訴:頭痛>
小学6年から時々、片頭痛があった。中学1年になると頭痛の日が増えていった、痛い日は学校を休むほどだった。冬休み明けの1月からは毎日、頭痛が起こるようになり一日も登校していない。

<検査と施術>
学校に通えなくなって一ヶ月後の2月中旬に当院に来院する。問診と触診で筋緊張型の頭痛と判断できました。筋緊張型ならば早期改善が望めます。週に1回の施術を5回施したころには頭痛はなくなり登校できるようになりました。
体調の回復と同時に、35度台だった体温が36度5分まで上がり免疫機能も正常になったことが分かります。

このような方の役に立つ事ができて本当に良かったです。これからも技術向上に邁進します。

受付時間(完全予約制)
午前8:30~12:00
午後3:00~6:30

●土曜日の午後は2:00~4:00まで ※日・祝祭日はお休みです。
学校や仕事の都合等で時間外をご希望の方はご相談下さい。
毎月平日の8・18・24・28日の午後の受付は17:00まで
痛みが強く歩けない方、足腰が弱くて歩けない方は往診可
要介護認定を受けていて、一人での外出ができない方は、「在宅保険鍼灸」を受ける事が出来ます。詳しくはお問い合わせください。

千葉県八千代市村上1643‐18 

東葉高速線‐村上駅徒歩5分 駐車4台

ご予約(完全予約制)は047‐485‐8856

メール予約24時間


より大きな地図で 島田接骨院 を表示

a:52868 t:4 y:10