※H28年5月28日(土)は休診させていただきます。

健康は「立っている時の身体の軸」が基本です。

↑立位の軸調整で今まで治らなかった症状を自分で改善できる可能性があります。

痛みの変化をその場で確認しながら行いますので、患者さんも納得の施術法です。

音楽家のジストニア、慢性疲労症候群、自律神経失調症や便秘、難聴、めまいなど様々な症例があります。

画像の説明

肛門のゆるみ

産後10ヶ月経っても肛門括約筋が動かなかった症状が、一回目の治療で変化しました。
もっと詳しく

画像の説明画像の説明

焦点が合わない

子供の頃からピントが合わず弱視と言われていたが、初回の治療で3割改善した症例
もっと詳しく

画像の説明

唇のヒリヒリ・カサカサ

何年も唇が荒れていて辛い思いをしていた。何をやっても良くならなかった症状が3週間で快方に向かいました。
もっと詳しく

画像の説明

乾燥フケ(小学生)

半年以上前から頭皮のかゆみ・フケがひどくて夜中に掻いてしまい出血していた。
もっと詳しく

100症掲載中こちらをクリック
※ 当院の施術でも効果には個人差があります。効果・効能を保証するものではありません。効果が出ない場合は、なぜ効果が出ないのかを問診から丁寧に検証いたします。

正確な診断/治療をするために

東洋医学の診断法には四診(ししん)と言われるものがあります。望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん)という4つの診断法です。

<診断/治療に必要な四診を高める方法として>
親指と人差し指をこすり合わせた時の微妙な筋肉の緊張の変化をセンサーとして、体の情報をキャッチするフィンガーテストがあります。これを習得すると鍼灸治療時の経絡やツボを正確に診断治療することができます。治療に必要な質問に対してYESなのかNOなのか判断できます。例えば「この腰痛に対しての治療に最も適した経絡は大腸経ですか」この質問に対して、YESならば指の検査筋は緊張します。「大腸経のこのツボですか」「このツボに対して鍼ですか、灸ですか」「鍼の角度は、方向は、深さは、時間は」と次々に質問していくことで、その人に合わせた治療方法を知る事が可能になるのです。この検査法をある程度納得できるレベルで使えるようになるのに10年以上かかりました。更にこの感覚を研ぎ澄ましていくと指をこすり合わせなくても脳内で「指の筋肉の緊張」を感じとれるようになり精度の高い診断/治療が可能になりました。

画像の説明

人間の体を一本の木に例えると、病気・症状・痛み・しびれ等は「一枚一枚の葉っぱ」の状態と言えます。虫に食われている・枯れている・色つきが悪い等です。これらの原因を見つけることなく殺虫剤を使ったり、枝葉を切り落としたり、絵具で綺麗な色に塗ったりする行為は本質的な解決にはなりません。当院では「枝をみて」「幹をみて」「根っこをみる」根本療法を行う事で様々な症状に対して良い結果(100症例掲載)が出ています。
立位の軸を合わせる療法は「根っこ」の治療です。「根っこ」がしっかりすると地に足が着き「自然治癒力」が働き易くなります。

例えば、椎間板ヘルニアによる「腰痛・しびれ」を治そうとする場合、患部に温熱・マッサージ・湿布・牽引等の対処療法をしても一時的な効果しか得られない場合が多く、手術をしてもそれで完治するとは限りません。当院の目的は椎間板ヘルニアになった原因(立位軸のズレ)を除去する事です。これが「根っこ」の治療と言えます。
人間も自然の一部です。根っこ(立位の軸)は大事ですよね。

立位の軸は自分で調整できます。

当院は「どこに行っても、どんな治療を受けてきても良くならなかった」という方のお役に立ちたいと考えています。

長年の慢性症状は一回の調整でそれっきり良くなる事はありません。当院の治療で症状が改善してもそれを持続させて、根本的に改善するのはご本人の努力(セルフケア)が必要になります。

さらに、今ある病気・症状が改善しても人は生きている限り様々な問題に直面します。病気・症状がなぜ起こるのかを知って、セルフケア法を覚えていただくことが今後の人生にもきっとプラスになると考えています。自分の心身と向き合うチャンスだと感じていただければ幸いです。そのための勉強会も開催していますので是非ご参加ください。

画像の説明

<院長:島田幸治>
H 9  柔道整復師免許取得
H11  東京入江FT塾にて学ぶ
H12  鍼灸師免許取得
H13  中国上海外国語大学 語学留学 
H14  中国上海中医薬大学 臨床研究科留学
    龍華医院・曙光医院・岳陽医院
H16  帰国後東京都で整骨鍼灸院院長として勤務
H17  当院勤務
H26  生-システム研究会 伊東聖鎬先生に学ぶ

病院で手術しかないと言われた変形性股関節症・頸椎症・変形性膝関節症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症による痛み・シビレでお困りの方の改善症例多数

自費治療(整体/鍼灸)~鍼灸は入江FTによる経絡治療
基 本5,400円(基本治療で改善しない症状は6,480円)
高校生3,780円  中学生以下3,240円 (初診料1,620円)

保険治療~受傷後10日以内の急性の捻挫、打撲などが対象です。(スポーツや日常生活上の急性の痛み)
初診時:1,000円前後  2回目以降:500円前後

※症状によっては保険治療に自費治療を併用する事で治療期間の短縮になります。
※部活動や試合が近い、旅行が近いなど急性症状を早急に改善したい方にお勧めです。(例:ぎっくり腰・寝違え・捻挫など)

治療の様子はこちら 100症例掲載はこちら

受付時間
午前8:30~12:30
午後3:00~6:30

●土曜日の午後は2:00~4:00まで
毎月平日の8・18・24・28日の午後の受付は17:00まで
痛みが強く歩けない方、足腰が弱くて歩けない方は往診可
※日・祝祭日は休診いたします。


より大きな地図で 島田接骨院 を表示

住所:千葉県八千代市村上1643-18(ジョイフル本田さん近く)                

※H28年5月28日(土)は休診させていただきます。

ご予約・お問い合わせ 047-485-8856

自費治療をご希望の方は、十分な治療時間を確保するためにご予約をお願いいたします。特に初診の方で痛みが何年も改善しない・どこに行っても治らなかった症状の方、他県から来られる方は事前問診をメールで行う事で初診時の改善率が上がります。
メール予約・ご質問はこちらから

勉強会お知らせ

生-システム研究会代表 伊東聖鎬先生による「自分研究ワークショップ」を八千代市市民会館で開催しています。
次回:H28年6月22日(水)開催予定
お申し込みはこちらからワークショップ詳細はボタン

サポートページ内を検索する

※キーワードを入力して、検索ボタンを押して下さい

a:19871 t:7 y:9